テーマ:サーバー構築

LIVA C0-2G-64G-WでFreeBSDを動かす

LIVA C0-2G-64G-WでFreeBSD 10.1-RELEASEが動作するようになったので、 動作メモを紹介します。 そのうち、NISOCかEBUGで紹介する予定ですが、作業メモ的に書いておきますので、 興味があればご覧ください。 ・LIVA C0-2G-64G-Wとは? →ECSから発売されている、超小型PC。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくらのVPS 980をちょっとテストしてみた

東京以外にロケーションされているVPSサーバーがどっかにあるかなぁ、と思って、ちょっとさくらのVPS 980を テストしてみた。 とりあえずの目標は、SaaSesでやっていることの置き換えができるかどうかの検証。 SaaSes VPS 構築記(1) SaaSes VPS 構築記(2) SaaSes VPS 構築記(3)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

mono + TwieetIrcGateway + tiarraで快適twitter生活

とりあえず、EBUG 35回資料の前段階のメモ書き:-) ・動機 1. Twitterを利用している 2. IRCも使ってる 3. IRCのログ取りにtiarraを使ってる 4. なんか、Twitterのタイムラインもログ取りできるいいツールはない? 5. @nyan さんのお告げで、mono + TIG + tiarr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Pentium G6950@FreeBSD 9-CURRENT and PT2

メインのサーバーはこれまで、PhenomII 940BE(Quad Core, TDP 125W)に、メモリ8GBで運用していたんだけど、ちとCPUがオーバースペックかなぁ、と思い始めつつある今日この頃。なんか、世間的にはDDR3 RAMに移行しつつある中、今更DDR2のRAMを買うのはもったいないので、どうしようかなぁ、と悩んでいたと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Citrix Xen Server 5.6.0導入記

2010/05/28に、Citrix Xen Serverが5.6.0になったので、さっそく試してみた。 本当は、5.5→5.6へのアップグレードは、Migrating from OEM Editions of XenServer 5.5 to XenServer 5.6(Citrix)のサイトを読む限り、インストールCDを入れて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ZFSのvolumeをメンテナンスしてみる

自宅で使っているFreeBSD 9-CURRENTのサーバーは、1日2回rsyncでmaster(ZFSで運用)とslave(ufs2で運用)の同期を取っているんだけど、なんか突然masterとslaveのサイズが突然狂い、masterのディスク容量が300GB近く減ってしまい、謎な状態になってしまった。 FreeBSDといえばn…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SaaSes VPS 構築記(3)

さて、L2VPN、何でやろうかと考えたけど、OpenVPNとかは面白くないので、いきなりLinuxでEtherIPにチャレンジ。 情報がどっかに転がっているかなぁ、と探してたら、やっぱりIHANetに情報が転がっていた。つうことで、IHANet EtherIPのページを見たら、あっさり成功:-) やったことといえば、 /l…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SaaSes VPS 構築記(2)

とりあえず手始めに、IPSec GRE tunnelを張ることに。しかぁし、IPv6関連のドキュメントを探すと、IPv6関係の記載された日本語ドキュメントが見つからん。しょうがないので、ネットワーク周りの起動スクリプトを見てみると、FreeBSDでやれそうなことが全然できないじゃーん。 ってことで、/etc/sysconfig/n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SaaSes VPS 構築記(1)

ServersMan@VPSだと、やりたいことが当分できそうにない感じなので、SaaSesのVPSサーバーも使い倒すことに。契約プランは、Osukiniサーバー LT(初期費用 3,000円、450円/月で6か月前払い。つまり初期費5,700円)。銀行振り込みでないとダメなんで、クレカでお気軽に試せるDTIとは違うんで、ちと面倒だけど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ServersMan@VPS 設定記(4)

OpenVPNは面倒な匂いがプンプンしてきたので、気分を変えてDNSのセカンダリサーバを立てることに。といっても、bindをタダ動かすだけじゃ面白くないので、NSDを入れてみることに。FreeBSDだと、ports/dns/nsd で入れられるんで、そっちを参考にしながら。 ちなみに、NSDはNLnetLabsがRIPE/NCCと開発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ServersMan@VPS 設定記(3)

とりあえず、quagga辺りをインストールしよう、ともくろんでみる。本来ならばVPN周りを先に整備すべきなのだが、なかなか苦戦しそうな匂いがプンプンしてきたので、後回し。 # yum install quagga で、quaggaはインストールできるものの、CentOS 5.4の標準のquaggaは、0.98.6-5.el5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ServersMan@VPS 設定記(2)

さて。yum updateするとメモリが足りない件、早速解決案が出てた。 liffeyさんのブログ(ServersMan@VPSサービス導入)より。 # rpm -ev --nodeps yum-fastestmirror-1.1.16-14.el5.centos.1 で、yum-fastestmirrorのプラグイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ServersMan@VPS 設定記(1)

待つこと10日、やっとServersMan@VPSの設定が完了したので導入記をば。 1. まずはDTIから届いたメールに、VPSサーバーの情報が書いてあるので、ServersMan コントロールパネルのURLから、「ServersMan@VPS コントロールパネル」にログイン。URLは、http://[IPv4アドレス]/serv…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日のトピック(2010/04/06)

米Microsoftが「Itanium」サポートを打ち切りへ、「Windows Server 2008 R2」が最後(Impress) ついにItaniumも見捨てられたか…Xeonとかのx64アーキテクチャだけサポートしていれば楽だもんなぁ。 ■西川和久の不定期コラム■エプソン「Endeavor MR6700」~コストパフォー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

mpdでPPTPクライアント機能を設定

FreeBSDでPPTP構築した事例を探したんだけど、なかなか見つからなかったので、参考までにご紹介。 PPTPサーバーの接続先は、インターリンク マイIP(固定IP取得)サービス。使用目的はあえて書かない。 契約はしてみたものの、設定事例がFreeBSD 4.6でかつ、pptpclient-1.0.3 を使った事例しかない。ネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VMware ESXi 4.0(update1)で、Realtek 8169のNICを後から追加する

VMware ESXi 4.0(update1)で、今までIntel E1000を使っていたんだけど、訳あって、急遽Realtek 8169Sを追加することになってしまったんで、せっかくなのでやり方を書いておきます。 1. r8169 Driver "Works"このトピックから、Realtek 8169用のドライバをダウンロード…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」とりあえず読破

出張移動時間を利用して、この前購入した「IPv4アドレス枯渇対策とIPv6導入」をとりあえず読み終えました。 とりあえず思いつくまま書いていきます。追記はいっぱいする予定。 やっぱ、最近のIPv6本だけあって、最新のトピックスがほぼ盛り込まれていますし、切り口がただのIPv6技術論だけじゃなくて、いかにスムーズに対応できるように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮想化サーバー・ソフト奮闘記(3)

ライセンスだけ取得したけど、ハードウェアが揃わなくて放置プレイしていた、VMware ESXi 4.0をようやくテストできたのでレポート。 ハードウェアは、ニューマシン組み上げの記事でネタにしたもの。当初は、GIGABYTE GA-EP45-UD3R + Intel E3200購入記で作ったマシンでテストする予定だったんだけど、ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Intel PWLA8391GT購入

VMWare ESXiの動作検証用に、ポチってしまった。今ならPCI Express x1でしょ、という気もするけど、まぁそのへんは安定感と実績を求めて。 インテル PWLA8391GT デスクトツプアダプタ PWLA8391GTインテル 2004-09-30 Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FreeBSD GPT+ZFS boot on 9.0-CURRENT

FreeBSDで、GPT+ZFSを使ってブートする環境を構築したんだけど、だいぶ試行錯誤したので自分用メモ。 実はまだ環境構築終わってないんだけど、とりあえず起動して環境準備はほぼ終わっているのでこれでいいかな。 なにせ、ufs+ZFSでブートするとか、GPTの話は探すとあるんだけど、GPT+ZFSで環境を1から仕込み、さらにいろい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windows Server 2008 R2でRAを聞かないようにする

Bフレッツなどの環境下で、Windowsマシンを使用する際に、フレッツ網からのRA(Router Advertizement)によって勝手にIPv6アドレスが付いてしまい、迷惑になることがある。R2の付かないWindows Server 2008だと、 Windows Server 2008で特定のインタフェースでRAを受け取らないよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FreeBSD 2009/08末~の変更についての覚え書き

FreeBSDで、2009/08末からいろいろ変更が入って、遭遇しまくったので、解決方法の覚書。 ・Citrix Xen Server 5.5で、ブート時にpmap_invalidate_cache_range() で、Fatal Trap 9でkernel panicが発生する。原因は、Xen ServerのCLFLUSHエミュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FreeBSD/pc98サポートについて

src committerでもなんでもない立場ですが、情報ということで。 Do we still need ATA disk CHS addressing?(FreeBSD-hardware ML)にて、ATA diskからCHSサポートを消そうという話が出ているようです。 FreeBSD/pc98では、標準のBIOSでサポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OpenBSD 4.5 on Citrix Xen Server

いやぁ、仮想化サーバーって、実マシンがなくてもOSいっぱい入れられるからいいねぇ(^^ ってことで、今度はOpenBSD 4.5を立ててみました。OpenBSD自体は、kawさん作の河豚板で、何度か使ってみたことがあるんだけど、nativeなOpenBSD自体を入れたことがなかったので、今回初めてCDイメージから入れてみたんですが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Internet under tunnels (IHANet) のご紹介

私がやっているIPv6の実験に、Internet under tunnels(IHANet)ってのがあります。 元々は、伊波源太さんがBGP4の実験をするために、今はまだそんなに影響のないIPv6線+Private AS番号+GREのトンネルを使って、IPv6のプライベートピアをして遊ぶためのプロジェクトだから、IHANetって名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮想化サーバー・ソフト奮闘記(2)

2日目。まずは、Citrix Xen ServerでFreeBSDが動くかどうかの検証。 とりあえず、8-CURRENT-200906は動いたので、ネットワークのテスト。Xenだと、ネットワークカードがまんまre0(Realtek)として見えてくれている。csupやportsnapで負荷をかけてみる。問題ない。dtcpclient…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仮想化サーバー・ソフト奮闘記(1)

いろいろと実験したいことができたので、各種仮想化サーバーを実験中。 最初は、Microsoft Virtual PC。Windows XP / Vistaの頃はお世話になっていた。NATのインターフェースを持っていたので、PCの中で使うにはなかなか良いんだけど、Windows 7で使えないので今は使用してません。 次に、Mi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

tracerouteでAS PATHを表示する(FreeBSD 7.2)

前の日記に書いた通り、4byte ASの完全対応と、不明なAS PATH(あるのか?)に対応すべく、標準のtracerouteの差分も作った。/usr/src/contribでパッチを当てて、/usr/src/usr.sbin/traceroute でmake & make installすればよし。同じく無保証。 diff -a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

traceroute6でAS PATHを表示する(FreeBSD 7.2)

最近のFreeBSD(7.1以降の-STABLE)では、traceroute コマンドに-a を引数につけることにより、AS PATHを表示する機能が付いているが、何故かtraceroute6 コマンドにはその機能がない。以前、traceroute及びtraceroute6 でAS PATHを表示するパッチを作ったけど、せっかくなんで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(備忘録)FreeBSDでIPv6 over UDP/IPv4 Tunnelを構築する

私の自宅では、DTCP Serverが立ち上がっているんだけど、今年の年明けにサーバーのOSをアップグレードして以来、IPv6 over UDP/IPv4 Tunnelが使えなくなってしまったので、調べていたら思い出したので備忘録。 現象としては、DTCP Serverは認証OKでDTCP ClientにIPv6アドレスを通知し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more