テーマ:サーバー構築

DELL PowerEdge T105 トラブル修復記(解決編)

土曜日に修理依頼を出したDELLのPowerEdge T105、本日ようやくディスク交換されて復活しました。 先ほど、 # dd if=/dev/ad4 of=/dev/ad6 bs=1M で、マスターのディスクを丸ごとスレーブにコピーを始めました。エラーセクタが出なければ大丈夫でしょう。その後、 # fsck /dev/ad6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DELL PowerEdge T105 トラブル修復記

正月早々からNISOCのサーバーのトラブル修復で1日潰れてしまいました。 このサーバーは、FreeBSD 7-STABLE(2008/07)のカーネルで、ad4とad6でソフトウェアRAID1を組んでいるんだけど、自分のサーバーのportupgradeをしている時に、smartmontoolsがバージョンアップされていることがわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EBUG 勉強会の資料公開のお知らせ

9/20のEBUG勉強会で発表した内容。まだ、いろいろ調べたいことはあるんだけど、とりあえず現段階の 報告です。勉強会の内容を元に、norkさん、umeさんの突っ込みで変なところを直したバージョン。 9/22にRELENG_7で、if_bridgeの挙動が変わったりしたので、資料としては怪しいんだけど、興味がある方は 見てくだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FreeBSD + postfixの環境でclamav,amavisd-newを動かす(その2)

その1で、サーバー側による処理を考えていたんだけど、どうもENMAとの相性が悪いようなので、サーバー側での処理をやめ、ユーザー側で処理をするように変えてみた。 ENMAって、以前にも紹介したけど、IIJの作ったオープンソースのSPF/Sender-IDフィルタで、FreeBSDのportsにもなりました。詳しくは、EBUGの200…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

tracerouteで、経由しているAS pathを表示する

traceroute6を作ったんだから、tracerouteにも欲しいじゃん。ということで、移植しました。 /usr/src/contrib/traceroute に対して、パッチを当ててmakeすればOK。 やっていることは、ほとんど同じなんだけど、 % whois -h whois.ra.net 69.147.83.33 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

traceroute6で、経由しているAS pathを表示する

某巨大掲示板の、ipv6.2ch.netにtraceroute6してみたのスレで、tracerouteしながらAS pathを表示するコマンドを自作した、って人がいたので、ためしに作ってみた。 <用意するもの> traceroute6 のソース一式。私はFreeBSD 7-STABLE使ってるんで、そっから抜いてきました。 t…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FreeBSD + postfixの環境でclamav,amavisd-newを動かす

徐々にメインサーバーを強化。 今日は、clamav,amavisd-newを入れてみた。 FreeBSD に AntiVirus 及び AntiSpam を導入する のページが割とわかりやすかったのでこの通りに作業。 ClamAVのインストール 1. # portinstall security/clamav 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FreeBSD + postfix + IMAP4 + procmailでメールの振り分けを行う

これまで、メール環境は、各サーバーにxemacs+Mewで読み書きしていたので、全然困っていなかったんだけど、最近、環境が大幅に変わって、メインサーバーがpostfix+IMAP4+Maildirになって、さらにメーラーもBecky! を使うことが多くなりました。 そして、IMAPのおかげで、デスクトップPCでもノートPCでもメー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

FreeBSD+postfixでenmaを試す

IIJ、送信ドメイン認証技術を実装するプログラムを無償公開(Impress) ということで、IIJがENMAという、送信者認証実装のプログラムを公開したので、早速実験してみた。 (2008/09/01 update) 1. 環境 FreeBSD 7-STABLE(2008/07/31) + bind 9.5.0.2 + Po…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

某サーバーの入れ替え完了

懸念1か月、ようやく某サーバーの入れ替えをしてきた。 ついでに、IPv6化計画についても尋ねてみたが、なんかメンドクセ。詳細は書かないが、キーワードは4byte ASとかVLANとか。 メインのIPv6回線を上流プロバイダに持っていくのも結構しんどいなぁ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フレッツv6サイトとIPv6接続を共存する(2)

以前、フレッツv6サイトとIPv6接続を共存するで、FreeBSDでの実験をメモしてみたけど、せっかくなんで、Windowsでも同じことをしようと思って、ちょっとやってみた。(2008/09/13 update) ネットワーク構成は以前と同じなので省略。説明もほぼ同じなので省略。ポイントのみで、Windows Vista SP1の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DELL PowerEdge T105でFreeBSDサーバー

現在、新潟インターネット研究会のサーバーを構築中。 現在動いているサーバーも私が作ったんだけど、もう3年くらい使っていて、信頼性を上げようって事で、格安サーバーで構築しようということになり、結局DELLのPowerEdge T105にしました。 基本的には、これまでのノウハウをつぎ込むだけなんだけど、結構はまる部分もあったので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

backscatter対策

tkimuraさんのmixi日記で、ランダムなアカウント名を使って送信されるSPAMを、baclkscatterって言うのをはじめて知った(^^; で、そこで貼られていた、sendmailでのLUSER_RELAYをつかったbackscatter対策(hirofumiさんのblog) を見て、うちの sendmailサーバーに仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ng_natのよりスマートな使い方

前日記からの移行。 norkさんが、ng_natのスマートな使い方をまとめてくださったので、 リンクを貼っておこう。 ng_nat(4) 越え うーん、rcNGでng_natを起動するなんて、なんてエレガントだ(^^
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FreeBSDで、postfix + SMTP AUTH + submission + imap対応

FreeBSDで、postfix + SMTP AUTH + submission + imap対応サーバーを作ってみた。かなり試行錯誤したけど、これらの情報がひとまとまりになっているサイトがないので、自分での参考のために記録してみる。 必要なもの ・OS: FreeBSD 7-STABLE(2008/04末) ・ports:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フレッツv6サイトとIPv6接続を共存する

やっと完成したので手順を公表。(2008/08/28 update) Windowsで共存するバージョンも公開中 使用ネットワーク: 210.229.61.160/28, 2001:200:531::/48(RIPng,gif0), 2001:3e0:3cb::/48(DTCP,gif1), 2001:c90:59ba:89f9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more