Office365で認証が外れた場合の対策方法

Office365を使用していて、「ライセンスのない製品」と言われて起動しなかったり、
認証しても「0xC004C781のエラーで認証そのものができないケースの対策方法を
備忘録として掲載します。

この方法は、
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2745026
に書いている手順に基づき、Office2016用としてメモしたものです。

1. コマンドプロンプトを右クリック → 管理者として実行を行う。

2. cscript.exe "C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office16\ospp.vbs" /dstatus
を実行し、プロダクトキーの末尾5桁を入手する。

3. cscript.exe "C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office16\ospp.vbs" /unpkey:<プロダクトキーの末尾5桁>
を実行し、プロダクトキーの削除を行う。

これで直る場合もあるし、直らない場合もある・・・。

"Office365で認証が外れた場合の対策方法" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。