備忘録) Windows7がブート可能なUSBメモリを作る方法

大昔にWindows7がブートできるUSBメモリは簡単にできたような気がしたけど、今やったら
うまくできなかったので、改めて記載。

1. diskpartコマンドを使い、USBメモリのパーティーションの内容を変更。
コマンドプロンプトを管理者権限で開く。
diskpart
list disk
ここで表示されたUSBメモリの番号を覚える
select disk
clean
create partition primary
select partition 1
active
format fs=fat32
assign
exit

2. Windows7のboot フォルダに入っている、bootsect コマンドを実行する。
bootsect /nt60

3. USBメモリに、Windows7のDVDの内容をコピーする

以上。これで起動できるようになったUSBメモリは次の2つ。

BUFFALO 転送速度71MB/s USB3.0用 USBメモリー 8GB RUF3-S8GS-BK
バッファロー
2010-12-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BUFFALO 転送速度71MB/s USB3.0用 USBメモリー 8GB RUF3-S8GS-BK の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





"備忘録) Windows7がブート可能なUSBメモリを作る方法" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。