Panasonic TH-L32X1購入

なんか、成り行きでPanasonic TH-L32X1を購入してしまった(^^;

元々は、ここのところの大雪で、アナログ放送の受信状態が悪くなってるようなので、昨日の夜から親父の部屋のPCを、余ったパーツで構築して、Pentium4 1.7GB/512M memory -> Pentium 4 3G/1.5GB memoryにアップグレードしてWindowsXP SP3を入れ、地デジチューナーを付けて今日の午後に設置に行ったんだけど、たまたまテレビ付けたら、画面の下半分に上の画面が表示されている状態に…。

テレビがあったまってきたら直ってきたけど、こりゃー直ぐ逝っちゃいそうだな、と思って家族会議したら「じゃ、おいらの部屋のテレビ(TH-19LX50: 5年ものテレビ)を親父の部屋に回して、自分の部屋のテレビ新しくすれば?」って決着したので、なんか購入許可が下りてしまった。

んで、個人的に買うならPanasonic一択。まぁ、IPSパネル使ってるHITACHIとかでもよかったんだけど、HITACHIは既に1回地雷を踏んでるので(ハイビジョンHDD/DVDレコーダーで、地上デジタル放送を新潟県にてご使用のお客様へ、お詫びと、対応方法のご案内)選択肢にはなかったのと、リビングでSHARP LC-32DE5を使ってるんだけど、どうも発色が体に合わないので、Panasonicと心に決めて物色。

結局、地元のコジマ電器で、ヤマダ電機の66,400円特価を引き合いに出したら、74,800 -> 71,800 -> 67,800円まで値下げ成功したので、即決購入。個人的に、ヤマダはちょっとアレだったんで、保険だと思って決めちゃいました。

以下、使ってみた感触。

・19 -> 32inchになったら、画面がやはりでかい。枕元で見るにはでかすぎるけど、普通に距離をおいて観るにはいい感じ。

・TV端子が、以前はデジタルとアナログで分かれていたけど、今のモデルはデジ・アナ共用で、更に受信レベルも向上しているのでグッド。

・豊富な入力端子。HDMI/D4/S端子/RCA/PC付けられるのはでかい。おまけに、以前のモデルで不満だった、D4接続時の画像のぼやけが全くなくなっているのにはびっくり。HITACHIのレコーダが犯人だと思っていたんだけど、実はPanasonicのテレビの方がダメだったのか。

・隠しコマンド系はいままでと同じように使えるので文句なし。

・TV番組表、画面の左上がちゃんとHDで映るようになったのはいいけど、番組表自体がなんかでかくなったような…。以前のように小さくてたくさん見とおせるモードはあるのかな? あと、Gガイドが標準になったので、広告がうざいけど、まぁこれは妥協。

・2画面表示(TVとDVDの2画面表示)は結構使える。が、使うかなぁ…。

・BS/CSはうちは使わないで、うっかり押してもエラーメッセージが出せるように設定できるのはありがたい。

・当然ながらacTVilaに標準対応。でも、PCあるからほとんど使わない気がする。

・マニュアルがオンライン化されちゃって、機能を探すのが面倒。

まぁ、実際のところは、TH-19LX50と同じ操作性だったので、マニュアル見なくても大体設定して使いこんじゃってるんだけどね。取り立てて使い勝手は変わってないので、問題ないかな。

しかし、5年前に128,000円でない金を絞り出して買った19inchが、今や32inchで6万円後半なのか…。半年前のSHARPが32inchで9万を切る位だったから、デフレひどすぎ。今回のエコポイント15,000円分も食費に消える予定。

"Panasonic TH-L32X1購入" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。