DELL Inspiron11をTrueOS(旧 PC-BSD)で利用してみた

EBUGの会合ネタに、Inspiron 11をPC DEPOTで¥30,000で調達してTrueOSをインストールしてみました。
TrueOSは、FreeBSDのカーネルをベースに、独自のGUIを搭載したOSです。詳細はTrueOSのWebサイトを。

Inspiron 11は中古での購入のため、詳細な仕様はいまいち把握しきれていないのですが、ネットで調べた内容を元に記載します。

基本スペックは次の通り。
・型式: DELL Inspiron 11 3000(モデル 3162)
・CPU: Pentium N3710(4コア, 4スレッド, 1.6GHz)
・メモリ:4GB(DDR3L)
・ストレージ:SSD 128GB
・OS: Windows10
・ディスプレイ: 11インチ、1366x768
・バッテリ: 32Whr, 公称10時間
・カメラ:720p
・Micro SDスロット: 最大128GB
・無線: Bluetooth :WiFi802.11 a/b/g/n/ac(1x1)、Bluetooth4.0(


を購入。

その後、FreeBSD、Chromium OSなどを入れてみたが、結局はTrueOS(旧 PC-BSD)をインストールしてみました。
TrueOSのダウンロードサイトから、TrueOS-Desktop-18.03-x64-USB.img をダウンロードして、ブータブルUSBを作成し、内蔵SSDにインストール。
・ZFSのパーティーションが切られてインストールされた事
・内蔵無線LANは何となく怪しい動きをしていたものの、使用できた事
・内蔵サウンドが普通に使用できた事
・カーネルが、FreeBSD 12-CURRENTだったこと
などにちょっと衝撃を受けたものの、普通に使えるレベルでした。
例えば、YoutubeとかSHOWROOMなどの動画視聴とかも普通にできました。
(ごめんなさい、packages等が必要かどうかまで確認していません・・・)