mono + TwieetIrcGateway + tiarraで快適twitter生活

とりあえず、EBUG 35回資料の前段階のメモ書き:-)

・動機
1. Twitterを利用している
2. IRCも使ってる
3. IRCのログ取りにtiarraを使ってる
4. なんか、Twitterのタイムラインもログ取りできるいいツールはない?
5. @nyan さんのお告げで、mono + TIG + tiarraはどうか? と提案があったので、早速お試し。

・monoとは?
Monoのページを参照。オープンソースで、Microsoft .NET Frameworkを使って、バイナリレベルでのC# and the CLR(Common Language Runtime)互換環境を構築するプロジェクト。つまり、LinuxやFreeBSDなど、非Windowsアプリケーションで、C#で書かれたバイナリプログラムを動作するための環境。monoの互換性は、Compatibilityのページにある通り、ほぼ.NET Framework 3.5 compatibleな感じ。current releaseだと、C# 4.0もいけるって書いてあるから、.NET Framework 4.0も間もなくできる?

・monoをFreeBSDで動かすには?
portsに、lang/mono(mono 2.6.7: 2010/08/10現在の最新版)があるので、これの関連portsをすべてインストール。
その後、/usr/local/bin/mono sample.exe の様にして、Windowsでコンパイルされたexeファイルを実行すると(たぶん)動く。

・TIG(TweetIrcGateway)とは?
TIG(TweetIrcGateway)は、TweetIrcGatewayのページで公開されている、Windows用のアプリケーション。IRCとTwitterの間を相互変換してくれる常駐型ソフト。IRCで書き込みをするとTwitterにポストし、TwitterのタイムラインをIRCのウィンドウに表示できるように変換してくれる。前述のようにWindows用アプリケーションだが、サポートOSとして、
・Microsoft Windows XP/Vista/7/Server 2003
・Microsoft .NET Framework 3.5 SP1 以降
・Linux版はx86のlibglib-2.0が必要(Monoは不要)
・MacOS X Tiger/Leopard/Snow Leopard + Mono
・FreeBSD
と書いてあるので、たぶん問題ない。上記のTIGのページから、TwitterIrcGateway をダウンロードしてきて適当なディレクトリに展開し、
/usr/local/bin/mono ./TwitterIrcGatewayCLI.exe &
とかやって実行すればOK。
標準の設定だと、localhostのport 16668にbindされるため、外部からは接続できない。内部にはユーザーもいないので、特にこれ以上のセキュリティは気にしないことにする。CLI版の設定を変えたい場合は、TwitterIrcGateway のオプションの設定を見て、起動時の引数などで変更すればOK。

・Tiarraの追加設定
/usr/local/tiatta/tiarra.conf に、以下のような感じで記述を追加。
1. networks ブロックに、
name: localhost
を記述。また、接続順をそろえたいので、fixed-channels の最後に、channel: #twitter@localhost と記述。TIGは、標準では#twitterというチャンネルを仮想的に作るため、これを記述。

2. network の記述として、
localhost {
host: localhost
port: 16668
user:
name:
password:
}
を追加。

3. ログを取るための設定
+ Log::Channel {
のセクションに、
channel: twitter #twitter@localhost
こんな感じで記述を追加。

4. tiarraの動作確認
tiarraを再起動し、LimeChatなどのクライアントでtiarraに接続する。リストに、#Twitter@localhost が見えていればOK。

・実行結果
IRCで打ったメッセージが、ちゃんとTwitterにpostされる。んで、TLもちゃんとログが取れているので目的は達成。
もうちょっと使いこなせばいろいろできるみたいだけど、とりあえずこれでいいや、って感じ。

・今後の課題
xAuth/OAuth対応版はいつ出てくるんだろう? 予定だと2010/08/末でBASIC認証は終了してしまうし…。と思ったら、@nyanさんが、TwitterIrcGateway Updateのページを紹介。さらによく見ると、http://svn.misuzilla.org/etcetera/TwitterIrcGateway/ にsvnのソースコードあるし…。Windowsでソースコード取得し、Visual Studio 2010でコンパイルしたら、あっさりxAuth/Oauth対応できました(^^;
→2010/08/14に、TweetIrcGateway 2.5.3878.22593が公開されました。FreeBSD 6.4のバイナリはなくなりましたが、現在EoLを迎えていないバージョンが、6.4/7.1/7.3/8.0/8.1とあるので、portsで突っ込みましょう。

・参考URL
TwitterIrcGateway

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント