ダイナコネクティブ DY-STB260購入記

近所の「ムサシ」っていう、ホームセンターで、ダイナコネクティブ DY-STB260が3,980円で売ってたので、うちの唯一のアナログテレビに付けてみたので、その感想をば。

これ、いわゆる「簡易型地上デジタルチューナー」なので、本来ターゲットとすべき層は「お年寄り」とかも含まれるはずなのだが、割と地デジに関して使いなれている私でも結構苦労する感じ。

まず、リモコン設計が「デジタルチューナー」が主になっていて、テレビが「副」って扱いなんで、これは逆かなー、と思った。一番でかい「電源ボタン」は、テレビの主電源の入り切りの方が自然だと思うな。普通、テレビの電源はしょっちゅう入り切りして、チューナーは切る人と切らない人がいると思うから。それだったら、電源ボタンで「テレビ」と「チューナー」を同時に切れたら便利だと思ってしまう。
あと、NHK-Eのサブチャンネルをリモコンに割り当てる機能がない。つまり、サブチャンネルをダイレクト選択できる機能がない。「簡易」と割り切ってしまえばそれでいいのかもしれないけど、何か微妙。

でも、ズーム機能はいい感じ。16:9の画像を、ズーム機能で縦だけ引き延ばす機能があるので、違和感なく画像を最大化できるのは驚いた。今までは、16:9のズームって言うと、端が切れちゃう問題があったけど、縦だけ引き延ばすってのは、とりあえず普通に見れればいいって人には、便利な機能だと思うな。

ACアダプタはUSB ミニタイプの入力なんで、おそらくUSB 5V給電できそうな気がするけど、禁止らしい。ただ、山感として、USBからデバイスとして認識できたら、何かできるかなぁ…、とちょっと期待してみたが、付属のACアダプタの出力に、5V 1A(5W)と書いてて、カタログには消費電力がDC5V 3W(って事は0.6Aか)、USBの給電能力の最大値が0.5Aなんで、足りないか。

正直、EPGも切っちゃえばもっと値下げできるんだろうな、とか、mini B-CASカード使えばもっと安くなったりするんだろうな、とか思ったけど、3,980円でこれだけ付いていれば、十分な気がするかな。

あ、ちなみにこのチューナーにはアンテナ出力機能はないので、アナログとデジタルを両方見ようと思ったら、分配器を付けて、ケーブル分配してやらないとダメなんでご注意を。


ダイナコネクティブ 地上デジタルチューナー DY-STB260
ダイナコネクティブ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント