カール・ミッチーのなんでも日記

アクセスカウンタ

zoom RSS VMware ESXi 4.0(update1)で、Realtek 8169のNICを後から追加する

<<   作成日時 : 2009/12/13 03:09   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

VMware ESXi 4.0(update1)で、今までIntel E1000を使っていたんだけど、訳あって、急遽Realtek 8169Sを追加することになってしまったんで、せっかくなのでやり方を書いておきます。

1. r8169 Driver "Works"このトピックから、Realtek 8169用のドライバをダウンロードし、解凍後、r8169 のファイルだけ、VMware vSphere clientからデータストアにアップロードする。

2. VMware ESXi 3.5.0 をインストール(その7) これを見ながら、Realtekの項目を追加していく。
まずは、ALT+F1を実行後、「unsupported」+Enterで、UNIX shell上に移行。
続いて、lspci と、lspci -v を実行し、Realtek 8169Sのベンダー ID, ドライバ ID, サブベンダー ID, ドライバ IDを探します。うちの場合だと、10ec:8169 1154:032b でした。10ecがRealtek、8169がRealtek 8169なので結構見つけやすい。

3. 以下の手順でインストール用のoem.tgz ファイルを作る。
# cd /tmp
# mkdir -p /tmp/etc
# mkdir -p /tmp/usr/lib/vmware/vmkmod
# cp /vmfs/volumes/datastore1/r8169 /tmp/usr/lib/vmware/vmkmod/r8169.o
# cp /etc/pci.ids /tmp/etc
# vi /tmp/etc/pci.ids を実行し、ベンダーIDの部分にRealtek 8169Sを追加する。
10ec Realtek Semiconductor Co., Ltd.
で始まる行を探し、
  8169 RTL-8169
    1025 0079 Aspire 5024WLMi
    1154 032b Realtek 8169S <- こんな感じで追記
する。
# cp /etc/vmware/simple.map /tmp/etc/vmware/simple.map
# vi /tmp/etc/vmware/simple.map を実行し、最終行に、
10ec:8169 1154:032b network r8169.o
を追記する。
# tar zcvf /bootbank/oem.tgz etc usr
を実行し、OEM用のファイルを作成する。
# reboot
で、マシンを再起動すると、上手くいけば、vmnet0に追加してvmnet1 が現れるので、適宜ネットワークを構成し直す。

もうちょっと厳密にチェックする方法もあるけど、
・lspci
・lspci -v
・hwinfo
・esxcfg-module
・esxcfg-module -e
・esxcfg-module -l
・esxcfg-nics -a vmnic32
などのコマンドが使えれば何とかなるかな。VMware ESXi 3.5と4.0ではコマンドとかディレクトリの構成が違うので、VMware ESXi 3.5の場合はちょっと注意が必要です。

同じ要領で、USBメモリからESXi 4.0を入れることもできるんで、Intel NICを持ってない人は頑張れば何とかなるかも。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
VMware ESXi 4.0(update1)で、Realtek 8169のNICを後から追加する カール・ミッチーのなんでも日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる