FreeBSD/pc98サポートについて

src committerでもなんでもない立場ですが、情報ということで。

Do we still need ATA disk CHS addressing?(FreeBSD-hardware ML)にて、ATA diskからCHSサポートを消そうという話が出ているようです。

FreeBSD/pc98では、標準のBIOSでサポートできるブートデバイスが、IDE 4GBとかぐらいまでなので、CHSサポートがなくなると、IDE HDDからのブートができなくなります(おそらく、LBAブートをサポートした外付けIDE HDD+ボードなどがあればブートは可能と思われますが)。

いちばん現役に近いデバイスがブートできなくなることから、FreeBSD/pc98のtier 1サポートが難しくなることも考えられるため、FreeBSD/pc98のメンテナンス終了も含めて話が出ています。

まだ、具体的にいつ削除するとか、FreeBSD/pc98のサポートをやめる、との話は出ていませんが、今後の情勢にご注目ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント