OpenBSD 4.5 on Citrix Xen Server

いやぁ、仮想化サーバーって、実マシンがなくてもOSいっぱい入れられるからいいねぇ(^^

ってことで、今度はOpenBSD 4.5を立ててみました。OpenBSD自体は、kawさん作の河豚板で、何度か使ってみたことがあるんだけど、nativeなOpenBSD自体を入れたことがなかったので、今回初めてCDイメージから入れてみたんですが、なんかインストーラが386BSDの頃の時代に戻った感じ。パーティーションの切り方とか、セクタ単位で切るやり方なんてすっかり忘れてしまってたんで、とりあえず"/" を全セクタ割り当て…。

で、再起動してみたら、延々リブート繰り返し。kawさんにアドバイスしてもらいながらやってみたら、どうやら、ブートプロンプトが出ている状態で、

> boot -c

と実行すると、カーネルの起動パラメータが変更できる画面(User Kernel Configというらしい)が出てくるので、ここで

ukc> disable uhci
ukc> quit

を実行すると起動した。マザーがAMDだから、UHCIはサポートしていないので変なトラブルが出たってことかな?
起動したら、
# config -e -f /bsd
ukc> disable uhci
ukc> quit
って実行して、カーネルの起動パラメータを変えてやればいいとの事。

さて、ブートしたことだし、OpenBGPDでも入れて遊ぶかなぁ…。

追伸: 河豚板も起動しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kaw
2009年07月04日 11:51
OpenBSDのインストーラも先月のOpenBSD-currentあたりから、パーティション
サイズの自動割当てが出来るようになったです。
kaw
2009年07月05日 19:51
さらに追記;

>さて、ブートしたことだし、
>OpenBGPDでも入れて遊ぶかなぁ…。

OpenBGPDは、最初から入ってます
よ。OpenBSDの派生プロジェクトの
状況は、大体こんな感じです↓

PF, OpenSSH, OpenBGPD (ospfd含
む), OpenNTPD
→普通に最初から入ってる

OpenCVS, OpenSMTPD
→ソース上では普通にbuildできる
けど、デフォルトではinstallされ
ない。

あと、gzip関係は独自に再実装さ
れたものが入ってますし、routed
の代替としてripdなるものが入っ
ていたりします。

どんなデーモン/サービスがあるか
は、/etc/group あたりを眺めてみ
るとなんとなく判るかもしれませ
ん。