Aspire One SSD換装

Aspire OneのHDDをSSDに換装してみた。

購入したのは、BUFFALO SHD-NSUM60G。なんでこいつを選んだかっていうと、

・コンビニ受け取りができること。なので必然的にAmazon.co.jp 1択。
・それなりに早そうなこと。
・容量は32GBを超える事(普段、30GB程アプリケーションが入っているので、32GBはNG)
・予算は15,000円以内。

っていう条件で探すと、まぁこれが無難かなぁと。

BUFFALO 2.5インチ MLC搭載 SATA II/USB2.0用 内蔵SSD SHD-NSUM60G
バッファロー
2008-09-29

ユーザレビュー:
お買い得だと思います ...
価格なりの満足SSD ...
プチフリThink ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



既にWindows7 RCを使っているし、Acronis TrueImage 11で元のHDDのリカバリ領域も吸い出しているので、アプリケーションとのメールのバックアップだけとって(ほとんどのデータは自宅サーバー上に置いているので…)、分解して、いきなりWindows 7 RCをインストール。あ、ちなみに一部のブログとかで話題になっている、微妙にサイズが違うから入らないとか、プチフリするとかいう問題はないようです。

とりあえずCrystalDiskMark 2.2で、100MB単位でベンチマークをとってみると、

Seq Read(113.9MB/s)・Seq Write(77.19MB/s)
512K Read(106.3MB/s)・512K Write(44.55MB/s)
4K Read(10.30MB/s)・4K Write(1.739MB/s)

ってとこか。Acer Aspire One Wikiをみると、同じ系列と思われる、SHD-NSUM30Gよりちと遅い気がするが、いろんなベンチマーク(グラフィックとかCPUとか)をとってみると、Windows XPで取るよりWindows 7で取る値が総合的にちと遅めなので、無難なところか。

よくわからんのが、CrystalDiskInfo 2.7.1で見ると、デバイス名は「BUFFALO SiliconHardDisk ATA Device」と言っていて、事実Windows7のデバイスマネージャでもそう出てるんだけど、何故か、サイズ報告が、64.1 GBって出てるんだよねぇ。あれぇ? 60GBじゃないのかよ? ま、60GBだと思っていたのが、64GBあれば儲けもんって考えればいいし、もともと60GBで買っているので、60GBでも文句を言う必要もないし。まぁいいや。ATA8-ACSって言ってるから、Windows7にSSD用のデバイスドライバが載れば、SSDがOSレベルで正式サポートされるから、文句もないし。

体感的には、HDDのうるさいモーター音がなくなったところで、ストレス無くなっていいなぁ。早さは…。うーん、よくわからん。あんまりこだわってないからなぁ。今回の目的は、うるさい音を改善するのが目的だったから、速度気にしてないし(爆)

しかぁし、最後に落ちが。条件の1つ「コンビニ受け取り可能」ってのが、某藤沢で受け取る必要があったから条件付けたのに、今日のPC DEPOTの特売で「Read 155MB/s・Write 95MB/s」の64GB SSD(CFD製?)が、10,700円…(;_;) バッファローはOCZだといわれていてので、メーカーは違うようだけど、うーん、5000円近く安い…。週末こんな特売があるんだったら、ちょっと待てばよかった。でも、今回の購入はいろいろあるから、文句はいえん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント