無線LANカードすげかえ on Aspire One

Aspire Oneの無線LANカードを正式に? 換装しちゃいました。

当初は、DELL Vostro1000内蔵の1490(a/b/g)なカードで我慢しようかと思っていたけど、ネットを探していたら、Intel 4965AGNのカードを通販で売ってるところがあったので、代引きで自宅送りつけ。5000円のLANカードに1000円の代引き手数料って、めちゃめちゃ高い気がするけど、そもそも無線LANカードのバルク自体の流通が考えられないし、まぁいいかと妥協(^^; 本当は、1490で妥協するつもりだったんだけど、DELL 1490をAspire Oneに持ってきて、Aspire OneのAtherosのカードをDELLに差したら、電源のON/OFFすら出来ずに使えん事が判明。電源スイッチがBIOSで制限されてるっぽい。また、1490だと、Aspire Oneで電源ランプがつきっぱなしになってトラフィックがわからんので、何か電源機構に仕掛けがしてある感じなんで、やむなくネットで探したというわけ。

分解も付け方もネット上を探せばいっぱいあるから省略するけど、あえて書くなら「無線LANカードの1番をアンテナ線の白と繋ぎ、2番をアンテナ線の黒と繋ぐ」ってのだけ注意かな。Atherosも1490も、カードにマーキングされている色ですぐに分かったけど、4965AGNはピンアサインしか書いてないのでそこはネットで調査。

Windows7ではDELL Vostro1000の内蔵カードもそうだけど、標準のドライバで認識OK。ただ、トラフィック測定をやってみて意外な結果が。
回線速度が100Mbpsで律速なインターネットの各種測定サイトでは、上り・下りとも有線の時と変わりない数値を叩き出すので、確かに11nの能力を発揮しているけど、自宅は既にGigabit Etherな環境で構築してるので、ネットワークがボトルネックになることはなく、サーバーのHDDか無線LANがボトルネックになると思っていたのよ。

ところが、Windows7標準の無線LANドライバがマルチスレッドで動くように構成されてないことが原因なのか、4965AGNなドライバがベータなのかわからんけど、2.5GB程のファイルをコピーすると、有線LAN(Realtek 8102E/8103E)では問題なく動くけど、4965AGNだと、コピーが始まると画面書き換えとかマウスのスピードが遅くなる。CPUも、core 1は100%で張り付いているので、それが原因か? とも思ったけど、もう1つ手元にあった、PCI GW-US300MiniSは同じようにcore 1が100%で張り付いているけど、画面がフリーズすることなく10MByte/sで転送されてくる。
USBとMini PCI Cardスロットの差なのか、Intelのドライバがダメなのか、相性なのか・・・? まぁ、RCなので製品版までに直ればOKだし、そんなGigabit Etherの限界のようなトラフィックを出すこともないので妥協。

ってことで、Aspire Oneの性能限界まで改造してしまった(^^; CPUがもっと早くて、画面が広くて、今のサイズと重量なマシンがほしい。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント