フレッツv6サイトとIPv6接続を共存する

やっと完成したので手順を公表。(2008/08/28 update)
Windowsで共存するバージョンも公開中

使用ネットワーク: 210.229.61.160/28, 2001:200:531::/48(RIPng,gif0), 2001:3e0:3cb::/48(DTCP,gif1), 2001:c90:59ba:89f9::/64
使用機材: IPv6処理できるサーバー(FreeBSDとか)、Windows機

ネットワーク構成条件(うちの場合)
ひかり電話とサーバーとクライアントをグローバルIPのセグメントに出す。FreeBSDでは、既にRIPngなりDTCPなりで、IPv6アドレスが振られている。で、/etc/rc.conf にてIPv6アドレスを付けておく。
※Bフレッツかフレッツ・ドットネット契約フレッツADSL回線が必要。
ちなみに、うちはNTT東なので、西の方はもっと苦労が必要だと思う。たぶん、tomochaさんところの
http://wiki.tomocha.net/ipv6_linux.html を参考にしてみて。

1. ひかり電話ルータのDHCPを殺して、FreeBSDでDHCPを有効にする。

2. FreeBSDでは、既にIPv6アドレス(グローバル)の設定を済まして、/etc/rc.confに書いておく。

3. ひかり電話のIPv6ブリッジを有効にして、クライアントでひかり電話からraを受け取る。これで、自分の所に割り当てられているフレッツのIPv6アドレスが分かるので、控える。
(私のところは、2001:c90:59ba:89f9::/64)

4. フレッツ網は、2001:c90::/32 を割り当ててあるので、FreeBSDに、フレッツ網のIPv6アドレスを割り当てる。
アドレスは、2001:c90::/64のEUIアドレスがよいかも。
スタティックルートとして、2001:c90::/32は、Windows機で調べた、デフォルトルートをリンクローカルアドレスとして
書く。うちなら、fe80::214::f1ff:fe57:81a%re0とか。なんで、/etc/rc.conf に以下の行を足す。
ipv6_defaultrouter="-interface gif0"
ipv6_static_routes="flets"
ipv6_route_flets="2001:c90::/32 fe80::214:f1ff:fe57:81a%re0"

5. /usr/local/etc/rc.d/dtcpclient_conf.conf を以下のように書く。
feel6_tunif='gif1'
feel6_static_routes='2001:3c0::/35,3ffe::/16'

6. /etc/rc.confで、dtcpclient_flagsを以下のように指定。
dtcpclient_flags="-t network -Dl -e feel6"
こうすることで、dtcpclientを実行したときに、dtcpclient_conf.conf のfeel6のところを見に行くようだ。詳しくは、DTCPクライアント -- dtcpclient(umeさんのページ)の、複数運用のページを参考に。

7. FreeBSDでrtadvdを有効にする。あと、namedも起動する。IPv6でもlistenしておく。

8. /etc/ip6addrctl.conf を次のように書く。あと、FreeBSDのバージョンが低いときは、/etc/rc.confに、ip6addrctrl_enable="YES"も書く(最近は、YESがデフォルトらしい)

::1/128 60 0
::ffff:0:0/96 50 1
::/0 40 1
2001:3e0::/35 30 2
3ffe::/16 20 2
2001:c90::/32 10 3

で、
# ip6addrctl install /etc/ip6addrctl.conf
を実行すれば、その設定が反映される。(次回リブート時からは自動で実行される)

実は、ここで重要なのは、2001:c90::/32 の優先度を下げることがポイント。この設定をやらなかったばっかりに、traceroute6 whois.nic.ad.jp とかが、flet's v6網に向いてしまうので、なんで? って、umeさんに泣きついたら、
「IPv6の仕様では、src addr はデフォルトでは dest addr に対して最長一致で選択されます」との事で。
なので、このような解決方法として、FreeBSDで実装されている、RFC3484(default address selection) を利用して対応するそうです。
see
ip6addrctl(8)
http://www.imasy.or.jp/~ume/presentation/CBUG-20031129/
http://www.nttv6.net/dass/
との事。umeさん、ありがとう。

9. IEで、http://flets-v6.jp/ を叩く。多分いけるはず。フレッツのActive Xアプリのインストールをする。http://www.kame.net/ とかをアクセスして、dancing kameを確認する。
一回アクセスすれば、後はFireFoxとかでもアクセス可能になる(^^

まぁ、こんな感じかな。あと、IE7とメディアプレイヤー11をインストールすると、DRM関係でエラーが出るかもしれない。その際は、C:\Document And Settings\DRMのファイルを全て削除して、

http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/indivsite/indivit2.htm

ここで修復できる。

細かいところでだいぶはしょってあるんで、その辺はいろいろ調べてください(^^; 以上。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント